sort by
approximate search
1shortlisttitle datasearch history  
results search [or] ISN:0000000081698965 | 1 hits
Person
ISNI: 
0000 0000 8169 8965
Name: 
Owada (Tetsuo)
Tetsuo Owada
オワダ, テツオ
小和田, 哲男
小和田哲男
Dates: 
1944-
Creation class: 
Language material
Text
Two-dimensional nonprojectable graphic
Creation role: 
author
Related names: 
Mori, Kimiyuki (1958-)
Okamoto, Ichirō (1946-)
Seki, Yukihiko (1952-)
Teikoku Shoin
岡本, 一郎 (1946-)
帝国書院
森, 公章 (1958-)
菅原正子, 1959-
関, 幸彦 (1952-)
阿部, 恒久 (1948-)
黒田, 日出男 (1943-)
Titles: 
30の戦いからよむ日本史.
Azai nagamasa no subete
Edo daimyō 100-wa
Hideyoshi no tenka tōitsu sensō
Hōjō Sōun to sono shison : shirarezaru Hōjō godai no jitsuzō
Ieyasu to Sunpujō
Kensai chiyo no riyū
Kiki toppa no hassō
Kita no Mandokoro to Yodo-dono : Toyotomi-ke o mamorō to shita tsumatachi
Naruhodo nihonshi zemināru.
Nihon no rekishi ga wakaru hon.
Nihon shi shoka keizu jinmei jiten
Ōmi Azai-shi no kenkyū
Rekishi shiryō
Rekitan.
Sanbō to enshutsu
Sanju no tatakai kara yomu nihonshi.
SEN no RIKYU
Sengoku bushō no ikikata shinikata
Sengoku daimyō keibatsu jiten
Sengoku jidaishi no nazo : Tsūshin kōza.
Sengoku jōkamachi no kenkyū
Sensō no nihonshi.
Shin Nihon bushō 100-sen
Study of Japanese History Accompanied by an English Translation, A
Suruga Imagawa ichizoku
Toyotomi hideyoshi
Zusetsu Oda Nobunaga
なるほど日本史ゼミナール.
まんがで学習日本の歴史.
レキタン!
乱世の論理 : 日本的教養の研究室町・戰国編
今川氏とその時代 : 地域研究と歴史教育
今川義元のすべて
前田利家と戦国四十人
北政所と淀殿 豊臣家を守ろうとした妻たち
名城と合戦の日本史
図說日本100名城の步き方
図說織田信長
家康と駿府城
山内一豊のすべて
後北条氏研究
戦争の日本史.
戦国の城
戦国の女性たち 16人の波乱の人生
戦国三姉妹
戦国今川氏 : その文化と謎を探る
戦国合戦事典 : 応仁の乱から大坂夏の陣まで
戦国城下町の研究
戦国大名の大常識
戦国大名一〇六家最強の系図
戦国大名家臣団事典.
戦国大名系譜人名事典.
戦国大名閨閥事典.
戦国時代史の謎.
戦国武将
戦国武将この「すごい眼力」に学べ
戦国武将の手紙を読む : 浮かびあがる人間模様
戦国武将の生き方死に方
戦国武将最強の19軍団 : 超ビジュアル相関図ですべてがわかる : 真田軍団の全貌もまるわかり!
戦国武将知れば知るほど
日本の歴史がわかる本 「幕末・維新ー現代」篇
日本史講義 : 日本人の足跡を知り、確かな展望をつかむために
桶狭間の戦い : 戦史ドキュメント
武将たちと駿河・遠江
武田信玄 : 知られざる実像
歴史資料
江戶(中・後期)時代
江戶大名100話
浅井三姉妹の真実
浅井長政のすべて
秀吉のすべてがわかる本
秀吉の天下統一戦争
総図解よくわかる戦国時代
織田信長 : 「天下布武」へ-戦国乱世をかけぬけた男
賢妻・千代の理由
近江浅井氏の研究
関ケ原から大坂の陣へ
関ヶ原と戦国武将の攻防
関ヶ原の戦い : 勝者の研究・敗者の研究
関ヶ原合戦のすべて
黒田如水 臣下百姓の罰恐るべし
Notes: 
Sources: 
BOWKER
NTA