sort by
approximate search
1shortlisttitle datasearch history  
results search [or] ISN:000000011933317X | 1 hits
Person
ISNI: 
0000 0001 1933 317X
Name: 
Etsuko Ichihara (acteur)
Etsuko Ichihara (Japanese actor and seiyū)
Etsuko Ichihara (Japans actrice)
Ichihara, Etsuko
Ičihara, Ecuko
Shiomi, Etsuko (Wirklicher Name)
Итихара, Эцуко
イチハラ, エツコ
塩見, 悦子 (Wirklicher Name)
市原, 悦子
市原悦子
Dates: 
1936-
Creation class: 
Language material
Musical sound recording
Projected medium
Creation role: 
performer
Related names: 
Fil à film
Imamura, Shōhei (1926-2006)
Ishido, Toshirô (1932-..)
Kitamura, Kazuo (1927-..)
Takemitsu, Tōru (1930-1996)
Tanaka, Yoshiko (1956-..)
川又, 昂
武満, 徹 (1930-1996))
田中, 好子 (1956-....))
石堂, 淑朗 (1932-....))
Titles: 
Black rain, 1988:
Chuva negra
Hitorigoto
Ichihara etsuko no daiamazon kikō : Burajiru 5000km no tabi
Kaseifu wa mita!. - 1983-
Kuroi ame
Pluie noire
ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)(短歌|「その他の歌集」より)
いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯(か)くぞ覚ゆる暮れて行く春(短歌|「みだれ髪」より)
インターミッション
うたたねの夢路に人の逢(あ)ひにこし蓮歩(れんぽ)のあとを思ふ雨かな(短歌|「その他の歌集」より)
エピローグ
きっと倖せ(「家政婦は見た!」より)
コスモス(詩篇)
このおもひ真昼の夢と誰か云ふ酒のかをりのなつかしき春(短歌|「みだれ髪」より)
しら玉の(詩篇)
そぞろごと(詩篇)
その子二十(はたち)櫛(くし)にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな(短歌|「みだれ髪」より)
なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな(短歌|「みだれ髪」より)
ひとりごと
ひとり寝(詩篇)
プロローグ
みだれごこちまどひごこちぞ頻(しきり)なる百合ふむ神に乳おほひあへず(短歌|「みだれ髪」より)
むねの清水(しみづ)あふれてつひに濁(にご)りけり君も罪の子我も罪の子(短歌|「みだれ髪」より)
やは肌のあつき血潮にふれも見でさびしからずや道を説く君(短歌|「みだれ髪」より)
ゆあみして泉を出でしわがはだにふるるはつらき人の世のきぬ(短歌|「みだれ髪」より)
わがいだくおもかげ君はそこに見む春のゆふべの黄雲(きぐも)のちぎれ(短歌|「みだれ髪」より)
乱れ髪(詩篇)
乳(ち)ぶさおさへ神秘のとばりそとけりぬここなる花の紅(くれなゐ)ぞ濃き(短歌|「みだれ髪」より)
二月の街(詩篇)
五月の海(詩篇)
人そぞろ宵の羽織(はおり)の肩うらへかきしは歌か芙蓉(ふよう)といふ文字(短歌|「みだれ髪」より)
今ここにかへりみすればわがなさけ闇をおそれぬめしひに似たり(短歌|「みだれ髪」より)
君死にたまふことなかれ(旅順 包囲軍の中に在る弟を歎きて|詩篇)
夜の帳(ちやう)にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢(びん)のほつれよ(短歌|「みだれ髪」より)
室内の花(詩篇)
少女子(をとめご)は魚(うを)の族(やから)かとらへむとすればさまよく鰭(ひれ)ふりて逃ぐ(短歌|「その他の歌集」より)
市原悦子の大アマゾン紀行 : ブラジル5000kmの旅
弓(詩篇)
待つ(全編)
恋(詩篇)
恋と云はじそのまぼろしのあまき夢詩人もありき画(ゑ)だくみもありき(短歌|「みだれ髪」より)
或夜(あるよ)(詩篇)
日も夜(よる)もおん名を呼びぬ下根(げこん)なる念仏宗(ねんぶつしゅう)の僧ならねども(短歌|「その他の歌集」より)
明日(詩篇)
春が来た(詩篇)
春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳(ち)を手にさぐらせぬ(短歌|「みだれ髪」より)
春風(はるかぜ)(詩篇)
暴風(詩篇)
朗読CDシリーズ「心の本棚〜美しい日本語」名作を聴く 太宰治
朗読CDシリーズ「心の本棚〜美しい日本語」日本の詩歌 与謝野晶子
歌なきはわれあめつちに君を得て恋を恋ひしにあらざる故か(短歌|「その他の歌集」より)
歌はどうして作る(詩篇)
母ごころ(詩篇)
清水(きよみづ)へ祗園(ぎをん)をよぎる桜月夜(さくらづきよ)こよひ逢(あ)ふ人みなうつくしき(短歌|「みだれ髪」より)
男の胸(詩篇)
紫の虹の滴(したた)り花におちて成りしかひなの夢うたがふな(短歌|「みだれ髪」より)
花に見ませ王のごとくもただなかに男(を)は女(め)をつつむうるはしき蕋(しべ)(短歌|「その他の歌集」より)
見返り美人
許したまへあらずばこその今のわが身うすむらさきの酒うつくしき(短歌|「みだれ髪」より)
走れメロス(全編)
身の中にアマリリスより紅(あか)き花咲かせて二人相見しものを(短歌|「その他の歌集」より)
道を云はず後(のち)を思はず名を問はずここに恋ひ恋ふ君と我と見る(短歌|「みだれ髪」より)
金色(こんじき)のちひさき鳥のかたちして銀杏(いてふ)ちるなり夕日の岡に(短歌|「その他の歌集」より)
鎌倉や御仏(みほとけ)なれど釈迦牟尼(しゃかむに)は美男におはす夏木立かな(短歌|「その他の歌集」より)
風吹けばはなればなれに草うごくつりがね草はあぢきなきかな(短歌|「その他の歌集」より)
髪五尺ときなば水にやはらかき少女(をとめ)ごころはひめて放(はな)たじ(短歌|「みだれ髪」より)
黒い色(詩篇)
鼓(つづみ)いだけば(詩篇)
Notes: 
Sources: